古い街並が世界遺産に認定、ホイアン旧市街

ホイアン

ダナン中心部から車で約40 分

中国・べトナムそして日本の文化がミックスされた古い町並みが1999年に世界遺産に登録された、
ホイアン旧市街。
家屋の壁の色が黄色なのが特徴。小さな街なので、歩いて廻るのに最適。
ショッピングスポットやお茶の出来るカフェのほか、来遠橋(日本橋)、福建会館といった
観光スポットも充実。
ホイアンの歴史を知ることができる。

港街で栄えた街は、200年前の家屋が今も残る

ホイアンはベトナム中部の都市であり、リゾート地で知られるダナンから南に30kmほどの場所にあり、トゥボン川の河口に位置する古くから栄えた港町。古くは日本人街もあったが現在は中国人街を中心に古い建築が残り、その古い街並みは『ホイアンの古い町並み』として1999年にユネスコの世界遺産に登録。世界中からこの町を見ようと多くの観光客が訪れている。

もともとはチャンパ王国時代からの港町で、グエン政権期はフエに首都を定めると、その外港として栄えた。16世紀以降日本との国交が盛んになり、江戸時代には朱印船貿易の重要な港となり、日本人街も出来た。日本以外にも中国人街が出来たりオランダが東インド会社の商館を設立したりと非常に繁栄したが、その後日本の鎖国とともに国交は途絶え、町全体も一時の繁栄は失われ、ダナンへと移った。

けれども繁栄時に建てられた沢山の建物はベトナム戦争時代も爆撃に遭う事もなく、そのままの状態で残された事もあり、現在も往時の繁栄を偲ぶ事が出来る。華僑が建てた福建会館や、今はなくなった日本人街と中国人街をつなぐ橋として掛けられた来遠橋などの見所も多い。

多くの建物はそのままの状態で観光客向けのショップやカフェになっており、散策するのがとても楽しい。毎月旧暦のお盆には幻想的なランタンを河に浮かべるランタン祭りがおこなわれている。ずらりと並んだ露店でも美しいランタンが売られる景色は必見。ホイヤンを訪れるなら是非スケジュールに組み込みたい。

世界遺産

ホイアン:世界遺産

世界遺産のホイアン旧市街
歴史ある建物がいっぱい

ホイアン旧市街

フード

ホイアン:フード

シークレットガーデン

ホイアン:フード

広い敷地内には、
お庭や畑もあるレストラン

NHA HANG LE BA TRUYEN II

ホイアン:フード

洗練された料理に圧倒
ホイアンの一軒家レストラン

GODA

ホイアン:フード

ホイアンの有名レストランは
船一隻をまるごと改造?

Baloc Floating Restaurant

雑貨

ホイアン:雑貨

ホイアンのワークショップで
ベトナムの職人技を見る

ホイアン 手工芸ワークショップ
ページトップへ